安心・安全なバスで快適な貸切バスの旅へ

さまざまなシーンで利用される貸切バス。利用する側にとっては、どの貸切バス事業者が安全性の確保のための取り組みを適切に行っているかはわかりませんよね。そこで、ひとつの指針になるのが、公益社団法人日本バス協会が認定する「貸切バス事業者安全性評価認定制度」。

この制度は平成23年度から運用が開始されたもので、貸切バス事業者からの申請に基づいて、安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、公表するもの。認定されると、運行するバスの車体にその証である「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークを貼付することや、各事業者のホームページや従業員の名刺などにシンボルマークを表示することが可能になります。

利用者にとっては認定事業者であることを知ることができ、より安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくなります。アビコ西武観光株式会社でも、もちろん「SAFETY BUS」マークを取得。安全で快適な貸切バスの旅をお楽しみください!

  • ページの先頭へ戻る